セフレの3つの作り方

セフレが欲しいと思った時に、どうやってセフレを作ればいいのでしょうか?
まず出会いがなければセフレを作る事が出来ません。
そして出会いと言えば、友達から紹介してもらう方法が一般的ですよね。
合コンなどをセッティングしてもらえば、意気投合すればそのままお持ち帰りをする事も可能でしょう。

ただし友達の知り合いなわけですから、あまり仲間内で評判を落とさないように、女性には誠実は対応を心がける必要があります。
そして意外と多いのは、元カノとセフレ関係になる事です。
これはセフレは欲しいけど、出会い系サイトなどで知り合った相手とセフレになるのは不安という女性が元恋人とセフレになるわけです。
もう恋愛感情はないものの、過去に何度もセックスをした相手なので、安心感はありますし、経験人数が増えません。
女性はあまり経験人数を増やしてしまうと、引かれてしまう場合があるので、少ないに越した事はありません。

そして一番多いのはやはり日常生活の中でセフレを作るのは難しいと、出会い系サイトでセフレを作る方法です。
出会い系サイトの中でも、セフレサイトや人妻サイト、不倫サイトなど身体だけの割り切った関係を求めるサイトを利用しましょう。

最初はなかなか出会い系サイトではセフレを作る事が出来ないと難しく感じるかもしれません。
ですがコツさえ掴めば意外と簡単です。
恋人を作るよりもセフレを作る方が、セフレに求める条件が少ない分簡単に作れるわけです。
もっともセックスが下手で気持ちよくなければ、その女性とは2度目はありません。
セックスの力量が問われるという意味では、男性としてはちょっと怖い部分もありますよね。

割り切りの関係に徹する

セフレと付き合うにあたって、いくつか心に留めておくべきことがあります。
そのひとつが、一人のセフレと長く付き合わないようにするというものです。
セフレとはセックスを愉しむために付き合う割り切った関係です。
そのため、性格や相性が重視される一般的な男女関係に比べて相手を見つけるのは難しくないと思われがちのようです。

ところが、お互いが気持ちよくセックスができるという「性の相性」のよい相手と出会うのも簡単ではないのです。
したがって、そんな相手と出会ったなら長く付き合いたいと思うのは当然のことかもしれません。
けれども、長きに亘って男女が身体を交えていると相手に対して「情」、つまり「愛情」が湧いてこないとも限りません。
愛情が関わってくるとその関係性は変化してしまい、これまでのような割り切ったセフレ関係を続けることは難しくなってしまうのです。

もしお互いにそんな気持ちを持つようになったのなら、セフレ関係を解消して新たに恋人同士としてスタートしてもいいでしょう。
しかしどちらか一方だけが相手に愛情を持つようになってしまった場合は、セフレ関係は破たんしてしまいます。
セフレ関係を持つ人たちの中には、既婚者も少なくありません。

そんな人がセフレ相手に愛情を抱いてしまったなら、それはもう「不倫」です。
その結果、相手の家庭を壊すことになったり、パートナーにバレて慰謝料請求といった事態にもなりかねません。
酷かもしれませんが、セフレ相手に愛情を感じるようになったなら、自分の感情を押し殺して関係を解消することをおススメします。

時代の変化とともに

常識や価値観は、世の中の移り変わりとともに変化します。
男女関係においても、以前は女性は25歳までに結婚するものといわれていましたし、さらに昔となると10代での結婚が当たり前でした。
そして、女性にとって結婚こそが人生に於ける最大の幸せと考えられていたものです。
ところが今や女性の平均結婚年齢は28歳を超えていますし、結婚すること自体を希望しない人も少なくありません。

さらに、結婚どころか恋人さえ必要ないという人も珍しくないのです。
このような傾向は女性だけでなく、男性も同様です。
人間関係や生活スタイル、社会情勢などさまざまな要素によって、常識や価値観、そして生き方などはどんどん移り変わっていくのです。
結婚もしない、恋人も作らない、そんな生き方も今の社会ではさほど問題ないことでしょう。
しかし、セックスはどうでしょうか。
セックスに対する考え方も変化しており草食系男子といわれるような男性も出現していますが、性欲が起こるのは人間の本能です。

だから、それを解消するための手段としてセックスフレンドがあるのです。
セックスフレンドはセフレとも略されますが、その言葉の通り「セックスをする友達」、つまりお互いがセックスを愉しむためだけに付き合う関係です。
恋人同士の間にありがちな面倒な感情やしがらみなど必要とせずに、会いたいときに会ってセックスをするという割り切った関係が多くの支持を集めているのです。
人間関係が希薄になっている現在だからこそ、セフレという「人間関係」を求める人がたくさんいるのでしょう。

建設業の32歳男性のセフレ体験談

男性は32歳で建設業で働いています。
建設業ってまさに男社会です。
事務のパートのオバサンが唯一の女性で、後は全員男、なんて会社も珍しくないでしょう。
そして仕事関係者もほぼ男ばかりです。

当然職場で出会いなんて皆無です。
しかし、実はセフレサイトで建設業の男性はモテます。
顔がそれほどいい訳ではありません。しかし、スポーツジムに通わなくても現場で肉体労働をしているので身体に筋肉がついています。
そして外で仕事をするので、肌も日焼けしています。

つまり女性からすれば、いい身体をしている男性で、その男らしさがセックスアピールとなるわけです。
女性は男性の筋肉が好きという人が多く、その筋肉も人工のスポーツジムで鍛えた筋肉はナルシストっぽいですよね。
対して仕事で自然と身に着いた、肉体労働の筋肉は格好いいわけです。

セフレとは外見で相手を選ぶという人が多く、男性が女性の胸のサイズで選ぶというのと同じ感覚で女性は身体で選ぶわけです。
もしあなたがセフレ体験談の男性と同じように建設業で働いているのであれば、そのチャンスを生かしてセフレを作りましょう。
もう可愛い子を選びたい放題、なんてそんな美味しい思いが出来るかもしれません。

それに現場では雨が降れば工事が出来ずに、仕事が早く終わるという事がありますよね。
そんな急な休みに対しても、セフレなら平日に出会える相手を探す事も難しい事ではありません。
セフレとして平日の昼間に出会える相手を確保しておけば、やりたい時にいつでもセックスをする事が出来るでしょう。
とても有意義な時間の使い方だと思いませんか?

Copyright© 2010 セフレ探しの前に知っておくこと All Rights Reserved.